千松信也 『ぼくは猟師になった』

0 件のコメント
ぼくは猟師になった (新潮文庫)
千松 信也
新潮社 (2012-11-28)
売り上げランキング: 11,085
子供の頃から動物が好きで、それが転じて、狩猟採集文化に憧れを持っていた少年が、大人になって猟師になって、自分の生活について書いた本。著者については尹雄大さんのインタヴュー記事で知ったのだと思う。正直、うまい文章で書かれた本ではなくて、朴訥とした作文調の文章が続くのだけれど、ワナや網を使った狩猟の仕方や、カラー写真(!)を使って解説しているシカやイノシシの捌き方などが詳細に書かれてて面白い。新鮮なシカやイノシシはウマい! 的な文章を読んでいると、早く秋になってほしい、ジビエを食いにいきたい! と思ってしまった。

昨今、クマが人を襲った、とか、人里にでてきた、なんていうニュースが多いじゃないですか。ほかにもシカやイノシシが増えすぎちゃって、農家の人が困ってる、とか。ああいうニュースに触れると「人間が環境を壊してるからだ」とか、人類反省モードになる人が多いけれども、この本は別な視座を与えてくれる、と思う。シカだの、イノシシだのを狩る猟師が減ってるから増えちゃう。だから「害獣」が増える、という視点だ。

なぜ、猟師が減るのか、というと、高齢化、なんだけれども、さらに、なぜ高齢猟師ばっかりになってしまうのか、というと、これはもう要するに、猟師は儲からないから、なんだよね。獣を狩っても、ちゃんとした流通ルートがない。いくら合理的に狩っても、売れないから、狩ってもしかたない。だから、猟師は大変なばっかりで儲からない職業となり、奇特な人や趣味の領域に押し込められてしまう。これが合理化されたら、害獣問題なんか一気に解決するのにね、と思う。

ただ、本書の著者は、そうした合理化からは全力で逃げている人だ。そもそも猟師で生計を立てていないし、猟師は素晴らしい職業だから広めたい、と思っているわけでもなさそうだ。ただ、こういう生き方もあるよ、こういう暮らしぶりもあるよ、という世界を覗かせてくれる。それは、もちろん「一般的な生活」とは異なるものだろう、けれども、その「一般的な生活」に馴染めない人、というのも世の中にはいるわけで、そういう人がたまたまこういう本と出会って、ああ、こういうのもあるのか、と思って楽になったら素敵だよな、と思う。

0 件のコメント :

コメントを投稿