Nona Reeves / Blackberry Jam

0 件のコメント
BLACKBERRY JAM
BLACKBERRY JAM
posted with amazlet at 16.04.25
NONA REEVES
BILLBOARD RECORDS / 株式会社阪神コンテンツリンク (2016-03-23)
売り上げランキング: 903
プリンスの急逝より打ちひしがられていたけれど、インターネットでプリンスに関する記事をいろいろと読んでいて、 Nona Reeves の新譜がプリンスに捧げられたものだと知る(プリンスの死に関しては続々と新しいニュースがでてきている。さっき驚いたのは、死の直前彼が6徹してた、というニュース。この記事では死の直前に彼が購入したレコードについても言及されている。故人のプライベートな情報ではあるけれど、スティーヴィー・ワンダーにサンタナにジョニ・ミッチェルなどを購入した、とあり、グッときた)。

西寺郷太の仕事は、昨年の『プリンス論』であったり、Negiccoへの楽曲提供で触れていたが、Nona Reevesはちゃんと聴いたことがなかった(たぶん、デビューして間もない頃にFMで流れていたと思うが、楽曲の記憶はない)。ジャケットのプリンス・カラーに思わず、購入する指が動いたけれど、とんでもなく良い出会いで。プリンスの初期のアルバムとこのアルバムを交互に聴いている。

プリンスそのままのサウンドではない。けれども、プリンスをひとつの源流とした音楽のエッセンス、2016年の日本にたどり着いて、成熟しましたよ、ということがハッキリと感じられる楽曲ばかり。歌詞もすごいグッとくるし(1曲目「Harmony」から「一昔前までの俺たちは、Mr. Maniacと呼ばれたけど、いまじゃ、それぞれのスキルだけを、武器にして平和な音楽をつないでる」とかパンチラインが連発する)、骨太なポップ・ソングが並んでいる。なんでもっと早くから、このバンドの音楽に気づいていなかったのか、と反省した。


0 件のコメント :

コメントを投稿