土井善晴 『土井善晴さんちの「名もないおかず」の手帖』

0 件のコメント
土井善晴さんちの「名もないおかず」の手帖 (講談社+α文庫)
土井 善晴
講談社
売り上げランキング: 204,070
いま、わたしが最も動向を注目している日本人こと料理研究家の土井善晴先生のレシピ本が昨年文庫化されていた。写真でリッチに見せるレシピ本が多いなかで、土井先生の本は、少ない言葉でエッセンスを教えているので、文庫でも価値が落ちない本だと思う。やはりタイトルが哲学的というか、思想を感じる。日本人の日常食は、洋食のように料理名がついていない。「たとえば、小松菜と油揚げの煮びたしとか、玉ねぎと豚肉の炒めたのとか」。食材と調理法の組み合わせによる「名もないおかず」たち。そして、白いご飯。うまい。そこで、ご飯プラスおかず、という食事の様式について改めて考えさせられることになる。「素材から始まるおかず作りの本、どうぞキッチンに置いて活用なさってください」。

0 件のコメント :

コメントを投稿