谷川健一 『青銅の神の足跡』

0 件のコメント
青銅の神の足跡 (小学館ライブラリー)
谷川 健一
小学館
売り上げランキング: 440,367
2013年に亡くなった民俗学者、谷川健一の著作について話題になることは多くない(漫画家の諸星大二郎が相当元ネタにしているのに関わらず)。以下はこのブログで紹介した谷川の著作。

この『青銅の神の足跡』では、日本の神々は皆、近代の民俗学者(というか柳田國男)によって「農耕神」として読まれてしまっている、本当はそうじゃないハズだ! と神話の読み替えに挑戦がおこなわれている。たしかに古代人にとって農作物の収穫に関わる天候は重要なのもだろう、しかし、古代の日本に金属器が流入したことによって、飛躍的に生産性が高まったことがあるはず、よって、農耕神ではなく、金属神が崇められた時代があったハズなのでは、というわけである。

農耕神以前には、金属神がいたはずなのだ。こうしたショッキング(?)とも言える解釈を、神話や民話と地名や苗字をいろいろ結びつけて、それっぽく見せていく、というお仕事。ポイント、ポイントで面白いんだけれども、しかし、読んでると結構飽きる……。フレイザーの『金枝篇』がもっている退屈さと同様の優雅な著作であるな……。

0 件のコメント :

コメントを投稿