鈴木宣明 『図説 ローマ教皇』

0 件のコメント
図説 ローマ教皇 (ふくろうの本)
鈴木 宣明
河出書房新社
売り上げランキング: 537,633
昔、近所のスーパーのワゴンセールかなんかで購入した積読本を消化。同じシリーズで『馬の博物誌』は良い本だったのだが、こちらはかなりアレ。日本のカトリックの大学の偉い先生が書いていらっしゃるのだけれど、一般向けにお話しする気がまったくないのでは。難しい言葉がわかるカトリックの方ぐらいにしか通じないんじゃないか……と思う(編集者も困ったんじゃないか)。Amazonのレビューにもそう言った意見が書いてあるが、気持ちがわかる。とはいえ、バチカンに総本山を置くローマ・カトリック教会の組織概要であったり、そもそも、教皇ってなにする人よ、っていう話であったり、列福や列聖の仕組みなど、ちょいちょい勉強になった。が、あんまり図説である意味はない……。2001年に刊行されていて、当時の教皇はヨハネ・パウロ2世、その頃、テレビでヨハネ・パウロ2世の露出が多かった記憶があるけれども、その注目にあやかろうとしたのか……?

0 件のコメント :

コメントを投稿