村上春樹 『女のいない男たち』

0 件のコメント
女のいない男たち
女のいない男たち
posted with amazlet at 16.01.19
村上 春樹
文藝春秋 (2014-04-18)
売り上げランキング: 5,473
村上春樹の最新短編集を読む。中身はいつもの村上春樹の小説、という感じであって、ゆるぎないのだが(特に、現実世界の裏側で、よくわからない回路がつながっていて、現実世界になにかをおこしている……らしいのだが、その回路が一体なにを意味しているのかはぼんやりしていて、その意味のぼんやり感、もしかしたらまったく意味なんかない、含みしかない、んだけれどもグッと読まされてしまう感じ)おお、こういう書き方もできるんだ、村上春樹って……と驚かされる部分が多々あり、面白かった。短編ではいろんなことを試している、と作家自身が語っていた気がするけれど、どの短編も語り口がかなり異なっているように思う。それは人によっては微妙な差異かもしれないし、ひょっとすると気づかれないかもしれないけれども。

収録されているなかでは「木野」が一番気に入った。日本の昔話とか怪談とかに、関係をもった女の正体が蛇でお坊さんを呪い殺そうとする……みたいな話があったと思うんだが、なんかそういう雰囲気を醸し出している村上春樹の作品のなかでは異色なんじゃないか、という話である。しかも、後半になって急に怪談めいてきて、終わりのほうなんか、Jホラーが苦手なわたしとしては、怖いな、怖いなぁ、と稲川淳二の心の声で読むことになってしまった。で、この作品の中にさ、こういう表現がでてくるんすよ。

しかしその夜、女は明らかに男に - 現実的には木野に - 抱かれることを強く求めていた。彼女の目は奥行きを欠き、瞳だけが妙に膨らんでいた。
これ読んだ瞬間、ブハハハ、そんなわけあるかい! と心のなかの上田晋也が肛門みたいな顔をして全力で突っ込んだね。瞳だけが妙に膨らむなんかあるかぁ? ないでしょ! でも、その非現実的な表現がさ、ちゃんと表現になって読ませちゃうのが、この作家のスゴいところだと思って、また感心してしまったんですよね……と書いている間に、は、もしかして、これって瞳が大きくなっていることを示す表現であって、虫刺されのあとみたいに瞳だけが盛り上がっているような目を想像しているのは、もしかしたらわたしだけ? とか思ってしまったが。

0 件のコメント :

コメントを投稿